嫁の実家でキャンプギアの乾燥。
軽く水洗いするも樹液汚れは落ちない。
[2017-07-17]101048_001
[2017-07-17]101054_002

そして今回のキャンプチャレンジ&AAR!

<大型タープスノーピーク スクエアエヴォ pro.の初実践投入>
・雨の日でも快適!雨撥が少ない。
・メインポールのペグは40㎝クラスが安心!30cm位だと地盤が緩い場合や雨の日に不安。
・雨の通り道を想定して最初からシッカリと張るのが吉!

<ロゴス/プレミアム カーボントップテーブルの初実践投入>
・デフォルトがロースタイルなので展開が楽。
・脚の調節がピン形式なので楽。
・収納サイズがコンパクトで軽い。

<林間サイト>
・車やタープ、テントの樹液汚れあり。しかも落ちない。特にアテナ スクリーン2ルームはベージュなので汚れが目立つ。
・大型タープ+同伴家族が2ルームなら我家はドーム型テントで十分。設営撤収と雨天撤収時の事後処理の時短になる。

<レイアウト>
・常に雨を想定したレイアウトを心がけるべし。山の天気は変わりやすいし、ゲリラ豪雨もある。

<保冷剤>
・ラギッドA/T ホイールクーラー55Lには保冷剤*2+凍らせたペットボトル*2なら2日目午後迄持つ。1Lはすぐに溶けてしまうが1日目に飲むには良い。
『2家族キャンプで大型タープを張る場合(特に先方が2ルームテントの時)』『夏キャンプで2ルームのリビングスペースを使わない場合』はリビングスペースのないテントのほうが設営撤収に時短となり何かと勝手が良い。

2ルームでないファミリーテントには「ドーム型」「モノポール型」がある。タープ連結の際の位置の微調整を考えると自立ができる「ドーム型」テントが初心者には敷居が低い。且つ雨天設営の利便さと、シェルター使用が出来る吊り下げ式、4シーズン対応のものが好ましい。

以上の条件に会うテントは思いのほか少なく、「スノーピーク ドックドームPro./160920」「コールマン ウェザーマスター 4Sドームノトス300/91800」位。

ドックドームPro.は通常モデルのほかにアイボリー色も展開している。アイボリーはカッコイイが林間サイト等で使用するとすぐに汚れそう。メッシュが天板含めふんだんに採用されており通気性は抜群。インナーテントの高さが155cmとチョイ低め。そして一番のネックは価格!インナー&グランドドシート等を併せると余裕で20万近く…となる。

対して4Sドームノトス300も4シーズン対応の吊り下げ式テント。ドックドームPro.程ではないがメッシュが多く通気性は悪くない。インナーテントの高さも190㎝と屈まなくても良い高さ。価格もスポオソ20%セール時ならオプション併せても10万チョイ。

今年は無理だが来年に補完したいものだ。

スポンサーサイト

4thキャンプに向けて@スウィートグラス

3rdキャンプ@こっこランド那須②

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)