雨に濡れない導線を確保すべく、過去2回のレイアウトを教訓に次回キャンプのレイアウトをイメージ。

先ずは1stキャンプ「スウィートグラス」広々草原サイト2区画。
多少傾斜があるもののその名の通り1区画が広い。
各々の家族が何となくテントを張ったのがコレ。

一応、各々外側に車を配置し、テントの入り口側を少しズラして設営。途中雨が降ってきたためブルーテントのキャノピーの下でBBQをするも狭くて外側の2人は背中が結構濡れてしまった。またテントとテントの間の張り網が交差し非常に導線を妨げてしまい良く足をひっかける羽目に(>_<)。

スライド2

次回同じサイトで張ることがあればこうレイアウトする。前回はテントの設営途中に雨が振り出してしまったため、持参したヘキサタープは張らなかったのだがこれが反ってBBQをし辛くしてしまった。雨の日を快適に過ごすために今回新たに導入したレクタタープを中央に添え、両2ルームテントをフロント側で重なて連結する。こうすることで各テントごとのリビングスペースに加え、BBQもできる共用のリビングスペースも確保できる。

スライド3

2ndキャンプ「スウィートグラス」林間サイト2区画。
所々に気が生えているおり、レイアウトが制限される。小雨降る中、まずは通路側を避けた中央部分にヘキサタープを配置。タープを中心に2ルムテントをスペースが広い右側、ドームテントを左側にハの字型に配置する予定だったが途中雨脚が強くなり、2ルームテントの中にドームテントのインナーを設営することにした。雨脚が強くなったことで雨による川が出てしまいテント右側が干渉したため、途中位置をズラしてからペグダウン。低地にテントを設営したためテントの両サイドは大雨時には川が流れてまるで中州に設営したようになった。またハの字型に設営したため大雨時のテントとタープの移動時には濡れることとなる。張り網も干渉して導線を妨げる。
スライド4

次回張るとしたら、低地ではなく高地側にタープを設営し、2ルームテントを重なるように連結させる。ドームテントも対極になるように連結するとBBQも出来るタープ下のリビングスペース、泥撥のストレスのないテント内リビングスペースを確保できる。
スライド4

キャンプの情報サイトにまずはタープの位置を決めてからテントを配置するという順番が一般的と書いてあったが正にその通りだと思った。今回雨の日の共有スペースを増やすべくレクタタープ「スクエアエヴォ Pro.」を新調したのでこれからのレイアウトをイメージしてみた。

広いサイトなら2ルームテント(フロント)とレクタタープ(サイド)を連結する。タープに広いリビングスペースが確保できる。
スライド9

中位のサイトならヘキサタープのサイドを巻き上げテントに被せる形で小川張りにて連結し設営面積を小さくする。
スライド7

撤収時に雨が降っていたら車のハッチバックをタープに連結するのも良いかもしれない。
スライド8

レクタタープを張れない狭いサイトだったら、ソロ用のタープを車に連結させる。
スライド6
サイトが狭いときに車のサイドタープとして小さ目の[スノーピーク ライトタープ ポンタ シールド/10584]が良いかと思ったが、雨の時に水が溜まりそうなのでポール式のサイドタープにすることにした。連結するジョイントとストレッチコードも補完。

・キングキャンプ タープ カーサイドタープ KT3086/8720
中国のアウトドアメーカーの格安サイドタープ。ドーム型なので雨は溜まりずらい。斜めでも使用可能。
[2017-07-09]182344_039
[2017-07-09]182522_040

・キャプテンスタッグ 張綱ストレッチコード 4本組M-8387/280
タープ&ロープを直接ペグダウンするときに使用する予定。
[2017-07-06]152452_001

・小川キャンパル タープ用吸盤フック 3199/1575
サイドタープを愛車オデッセイにジョイントするために購入。
[2017-07-09]080844_005

・キャプテンスタッグ カージョイントM-8390/1299*2=2598
サイドタープを愛車オデッセイにジョイントするために購入したのだが、雨どいが無いため接続不可(>_<)。l返品です。
[2017-07-06]153242_004
スポンサーサイト

ビザは美味いが超寒い(>_

雨に濡れない導線を確保するには ~テントとタープの連結~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)