次回の教訓とするべく今回のキャンプチャレンジPDCです。
林間サイトだったからか車が洗車機に入れても汚れが落ちなずに、自分でタオルでゴシゴシしながら落とす羽目に(>_<)
車内社外も泥はね汚れもひどく掃除に一苦労…中々の重労働となる。

■ヘキサタープの実践投入
雨天且つ、林間サイトで木々が生えておりレイアウトに少し悩みながらの設営。何とか雨天時の作業スペースを確保できた。風がなかったがタープ中央部分は濡れなかったが泥はね汚れは思いの他ある。雨天時はもう少し大きなタープかスクリーンタープのほうが良いかも。もしくはBBQはやらずに2ルームのリビングルームでバーナー料理で過ごすのが吉かな。
[2017-07-01]093342_001

■フィールドラックの実践投入
取り急ぎタープの下に設置しその上に荷物を載せた。雨の日は路面が濡れている且つ雨が流れているため荷物置きには最適。雨の日には特に重宝される逸品。雨天時でなければ縦使いで小物置きとしても使える。
[2017-07-01]181240_014

■軽量ブルーシートの初導入。
雨天時に泥汚れがテントに付かないように5.4m*7.2mのブルーシートを下に敷いた。アテナトンネル用に大きめのシートにしたが大きすぎて限られたサイトでの展開が難しい。結局2折にして使用。半分の3.6m*5.4mが実使用では使い勝手が良さそうだ。
[2017-07-01]093342_001

■テントのストームガードをカラビナ化の導入
アテナ スクリーン2ルームのストームガード8本をカラビナ化。雨天時の設営時の時間短縮に大いに貢献。
[2017-07-01]133550_008

■タフドーム240の実践投入
ヘキサタープを中心としてハの字型にテントを張る予定だったが、余りの大雨でアテナ スクリーン2ルームのリビングスペースにタフドーム240のインナーテントを元々のインナーと対面するように設営。インナーが思いのほか大きかったがギリで人が通れる通路は確保できる。
[2017-07-01]161516_013

■ユージャック ハンマーランタンスタンドを実践投入
重量感はあるがしっかりと地面に刺さる。ダブルなので両側に物を引っ掛けられるのも便利。
[2017-07-01]204952_340

■エリッゼ アルミ タープポール実践導入
雨の日のキャノピー上げや、濡れたギアを乾かすためのロープ張りと地味に大活躍。
[2017-07-01]133526_006
[2017-07-02]093250_033

■ラギッドA/T ホイールクーラー初実践導入
1泊用に55Lクラスのクーラーボックスを新調。やはり収納には余裕がある。保冷剤2個+ペットボトル(2L+1L*2)を凍らせたもので保冷。1Lは2日目午後には完全に溶けちゃう。保冷を考えると2L*2のほうが良いかも。
[2017-07-02]064124_029

■パエリアランチ
ランチではなくディナーで作成。簡単で美味しい♪
[2017-07-01]204518_333

■コールマン コンビニフックの再レビュー
ゴミ袋やランタンをかけるだけでなく、傘やキッチンツール等も掛けることができる万能フック。1個追加しても良いかも。
[2017-07-01]160050_012

■イワタニ ウォッシャブルタンク ポリカ 12Lの再レビュー
雨の日は何かと汚れ物を落とすのに水が必要となる。大容量だと持ち運びが大変なので手持ちを考えると10L位が一番使いやすい。このタンクは蛇口が収納時には内側に取り付けられるので落とした際に蛇口が破損するリスクは少なくて良い。
[2017-07-02]081124_191

■Superway LED キャンピングランタンの再レビュー
弱モードだと一晩中点灯可。
[2017-07-01]204856_335

■UNIFLAME 湯たんぽ
雨で冷え切った脚を温めるのに重宝。高原キャンプの夜は意外に冷えるので真夏以外は常備していたほうが吉。
[2017-07-02]110327_254
2回目のキャンプを終えてのAAR。

さて過去2回のキャンプで2回とも設営時の雨に見舞われた。撤収時には雨が上がったのが救い。日本の季節の3分の1は雨ということもあり、降ったり止んだりの時も多いためイチイチその度に中止にしていたらキャンプに行けない。勿論、雨に加え風が強い場合と撤収時の雨の可能性が高い場合は中止するのが吉。ということで雨の日対策をするに越したことはない。

前回のキャンプで準備した雨対策はフル稼働。

<24畳ブルーシート>
サイズが大きすぎて広げるのと畳むのに難儀した。テントを広げる際に内側の汚れ防止のためには12畳で十分な感じ。

<120Lゴミ袋>
120Lのゴミ袋は2日目が晴れたため濡れたテント丸ごと収納することがなかったが、テーブルや椅子に掛けて泥撥からの保護や、その他濡れたギアの収納に一役買った。100Lでも良かったかも。

<上下雨具>
テント設営時には屈む体制になるので上だけでなく下の雨具も必須。

<タープ>
前回のキャンプではアテナヘキサMタープを展開し、BBQもこの下で実施。2家族6人を雨から守るのはギリ大丈夫だが、大雨の際の泥撥が結構スゴイ。またテントとの連結もイマイチで小雨時ならまだしも大雨時に結構濡れてしまった。濡れない導線を確保するのが吉。

<2ルームリビングスペースにインナーテント追加>
前回のキャンプでは設営時の雨が酷かったためタフドーム240のインナーテント(240*240cm)を2ルームのリビングスペースに配置。インナーだけだと2本のポールを通して立ち上げるだけなので5分位で簡単設営。大人1人が通れるスペースは確保できた。270*270cmのインナーだと通れるスペースは確保できない。
スポンサーサイト

つけ麺チャレンジ! ~どでん編~

2ndキャンプ@スウィートグラス北軽井沢②

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)