諸々検討した結果、我が家ではドームテントは見送り。
手持ちの「アテナ スクリーン2ルーム」のテント泊に必要なグッズを補完することにした。

<グランドシートとインナーシート>
インナーシートは吊り下げ式なので最悪グランドシートは汎用レジャーシートで代用できる。インナーシートは295*200cmの「コールマン フォールディングテントマット300/11761」が良さ気。と思いきや、ネットで検索する限り専用シートはなかったのだが、イオン北戸田店に「アテナ スクリーン2ルーム」専用の「インナーテント&グランドシートセット/10584」が売ってた。インナーテントは少し薄めだがサイズがピッタリのほうがベターなのでコレが良いかな。

<シェラフ>
秋冬用の登山用マミー型を1つもっているが基本ファミリーキャンプでは夏メインのため、リラックスできる「封筒型(レクタングラー)」が良さ気。過去に5月頃の茨城キャンプで夜寒くて悲惨な思いをした苦い経験から保温重視で最低使用温度が0℃もの、嫁と子供が一緒に寝るために連結用が良い。収納時にクッション形態となる「ロゴス 寝袋 ミニバンぴったり寝袋・-2(冬用)[最低使用温度-2度/14100]が良いかな。

<マット>
シングルサイズは3つもっているため、嫁と娘様にダブルサイズで検討。「コールマン キャンパーインフレーターマットW/10778」が4cm厚で形も好みでコスパも高い。難点は収納時のサイズが24*70cmと大きめ。重さは3.5kg。シングルサイズを並べるよりも使い勝手は良さそうだが撤収に時間がかかりそう。

<ピロー>
自分用にはレビュー評価の高く、ずれ難いというフレコミの「イスカ/ノンスリップピロー/1862」。嫁にはマットと同メーカーの「コールマン/コンパクトインフレーターピロー2/1732」が良いかな。収納は思いのほか嵩張る。

<コット>
コットがあればテント内就寝だけでなくリビングスペースでベンチとしても使える。「ヘリノックス/コット コットワン コンバーチブル/38340」が頭一つ抜け手でいる(値段も)。ライトより横幅が80mm長く、オプションでレッグを付けるとハイタイプなる。脚が3本で組み立てが楽そうだし、収納もコンパクトで2,320gと軽量。オプションのコットレッグを使えばベンチとしても使えて便利だが12本差すのは少し面倒くさそう。

<ペグハンマー>
ゴムのペグハンマーは持っているが、キャンプ場の地面形状にも耐えうるペグハンマーに買い替える必要性あり。スノピがカッコイイが激高なので「WEINAS ペグハンマー/2380」かな。

<クーラーボックス>
イグルー28Lを持っているが1泊2日だと少し容量が心もとない。「イグルー カンタム マックスコールド 52 ローラー 49L/11154 」が良さ気。でも結構デカイ!

<ランタン>
10000mahモバイルバッテリー兼LEDランタン「Superway 高輝度 ポータブル LED キャンピングランタン/3599」が第一候補。光量が足りないようならジェントスの高ルーメンモデルかな。
スポンサーサイト

何だかキャンプに行きたくなってきた!  ~2ルームテント比較編~

東京ディズニーシーデビュー戦! ~水の洗礼~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)