マウスパッドの挙動が店頭展示のXPS13と比べ明らかにオカシイため、サポートセンターにメール連絡。
Dellサポートの指示により、「Dell Support Assist」→「検査」→「指定デバイスをスキャン」→「マウス」より診断したところエラーコード「WMO01-66A」と表示され、入院することになる。保守期間内のため無償修理で佐川急便により自宅引き取り。

3/2→Dellサポートにメール連絡
3/3→Dellサポートからメール連絡、Dell Support Assistによる自己検査、修理対象確認
3/7→佐川急便自宅引取
3/10→修理後発送のメール到着
3/11→到着(不在票投函で3/12受取)

新規注文から発送までに比べると速やな流れ。
修理報告書によると「マザーボード」「タッチパッド」の交換対応。
マザーボードを交換ので新規DPK(デジタル プロダクト キーのシール)発行したのでパソコン貼付推奨とのこと。
問題のタッチパッドの挙動は正常化。
マザーボード交換によりOSも再インストールされたあめ、別途インストールしたソフトは初めから入れ直す必要あり(>_<)

念のため回復ドライブも再作成をしようしたが3回チャレンジするもエラー表示が出て上手くいかない。
Windows Update後に再チャレンジしたところ今度は成功!
各種ドライバのUpdate後に各種ソフトをインストールし設定完了迄約4時間…結構大変(´;ω;`)ウッ…
やはりモバイル用途ではタッチパッドの出番が多いので治って良かった(^▽^)/


・Microsoft E6W-00008 [Surface用 アーク タッチ マウス Surface エディション Arc touch mouse Surface edition]/6920-692P
折り曲げ式のマウス。折り曲げると電源が入り、伸ばすと切れる。モバイル時に意外に嵩張るマウスをコンパクト化できる。
[2017-03-04]mouse
スポンサーサイト

コードレス掃除機購入! ~RACTIVE Air EC-A1R~

走009 ~草加松原太鼓橋ロードレース大会~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)