先日、秋ヶ瀬公園でのBBQ参加で嫁の理解が得られたので、前々から検討してたタープテントとコンロを改めて検証してみた。

まずは、タープテントから。
ゼビオ等で展示や梱包を確認し、先日の秋ヶ瀬公園にて嫁友人夫妻の3mx3mの「キャプテンスタッグ クイックシェードDX 300UV-S キャスターバック付(M-3271)」他の方々の設置状況したうえで楽天、アマゾンの口コミを確認。骨組みとシートが一緒にワンタッチ式でオプションが豊富な「Fieldoor ワンタッチタープテント」に決定。

「Fieldoor ワンタッチタープテント」には[2.0m*2.0m][2.5m*2.5m][3.0m*3.0m]の3サイズ、それぞれ[スチール]と[アルミ]タイプがある。重さを優先して[アルミ]タイプを選択。基本、1家族のみの使用はないので、[2.0m*2.0m]は対象外、そして[2.5m*2.5m]と[3.0m*3.0m]が迷いどころ。大は小を兼ねるということで[3.0m*3.0m]の方が設置後の環境は良い反面、大きさと重量がネック。といっても高さ14cm、重量1.3kgという微妙な差。嫁の意見も聞き入れ、我が家には4面メッシュのコールマン テント スクリーンシェード、Camping Fieldのポップアップピクニックシェード、スパイスのパラソルタープ等もあり併用のことを考え、少しでもコンパクト軽量な[2.5m*2.5m]に決定。色は夏使用がメインであること、コールマンとCamping Fieldのサンシェードが水色であることを踏まえ同系の[ターコイズ]を選択。

「2.5m 軽量アルミ本体+サイドシート1枚セット」を注文しようと思ったが生憎の[ターコイズ」在庫なし。
やむなく「2.5m 軽量アルミ本体単品」に別途オプションでサイドシートを注文することにした。
・G3 FIELDOOR ワンタッチタープテント 2.5m アルミ製 本体単品/10584

サイドシートは同色のウォールスクリーンタイプ、ウォールジップタイプを各1枚注文。
・G3 FIELDOOR 2.5m タープテント専用サイドシート(ウォールスクリーンタイプ、ウォールジップタイプ)/2268*2

同包ペグが使い勝手のクチコミがあったので、別途鍛造ペグも注文。
・FIELDOOR タープ テント用ペグ4本セット レッド/1296*2

「グランドシート」と「メッシュタイプサイドシート」は今後の使用状況を踏まえて購入を検討。



≪Fieldoor ワンタッチタープテント 軽量アルミフレームスペック比較≫

<3.0x3.0m>
本体重量:9.3kg
収納時:幅22cm×奥行き22cm×高さ114cm

<2.5x2.5m>
本体重量:8.0kg
収納時:幅22.5cmx奥行き22.5cmx高さ100cm

<2.0x2.0m>
本体重量:7.4kg
収納時:幅22cmx奥行き22cmx高さ92cm
スポンサーサイト

BBQグッズを考える ~BBQコンロ編~

BBQ ~秋ヶ瀬公園~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)