今回の伊豆旅行におけるα6000+E 18-200mm F3.5-6.3のレビュー。標準ズームと50mm単焦点は使わず。

○動物園ではズーム使用により迫力のある画を切り取ることができる。
○ズームを使わなければ片手で何とか操作できる。
○Kiss X2に比べると小さいので汎用鞄にも格納しやすい。
○チルト可動式液晶モニターは低いアングルから子供を撮るのに便利。
○グリッドラインは構図合わせに便利。
○汎用性の高いmicroUSB充電ができるのは便利。車やモバイルバッテリーからも充電できる。
△最短撮影距離50cmなので料理の写真が撮りずらい。寄りすぎるとピントが合わずピンボケ写真となる。50cm以上離してズームで寄れば良いのだが狭い店内では操作しにくいし、マニュアルでピントを合わせるのも手間。被写界深度の問題もあるかもしれない。RX100Ⅱでは結構寄れるので料理写真はこちらのほうが使い勝手が良いかも。
△バッテリーの持ちが悪い。1日フルで撮影するのには心もとない。精神衛生上も予備のバッテリーが欲しいところ。
△1枚撮影後に次の撮影に移るのにタイムラグがある。
△特に連射時のSDカードへのデータ読み込みに時間がかかる(クラス6・30MB/s のSD使用)

ということで…対策です。

「バッテリーの持ちが悪い」→サードハーティー製のバッテリー&充電器を購入
DSTE® アクセサリーキット NP-FW50 互換 カメラ バッテリー 2個+充電キット/2780
2個とも充電は普通に完了し本体にセッティングしたが現状問題なし。使用時間はこれから検証予定。カーバッテリーアダプタは必要ない。
[2015-10-26]B

「SDカードの書き込みのタイムラグ」→クラス10(95MB/s)のSDカードに交換
32GB SanDisk Extreme Pro SDHCカード class10 UHS-I U3 最大95MB/s/3278
[2015-10-26]C

「料理写真が撮りずらい」→「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書(改訂版)」でデジイチの勉強
付属のDVDが評判のマニュアル本。基本編を半分ほど視聴したが確かに今までモヤっとした点がわかりやすく解説してある。デジチイ初心者にはオススメかも。子供編も併せて購入。
[2015-10-26]A
一脚も補完したいところ…ちなみに候補は下記の通り。

ベルボン/ウルトラスティック スーパー8/8018
コンパクト軽量な一脚で可搬性は高い。

SLIK/スタンドポッド5/7776
全高が1540mm、重量が680g、最大搭載重量が1kgの自立型の一脚。
基本一脚なので自立時の安定戦は乏しいがセッティング時間は短くて済む。
手ぶれの気になる運動会や室内発表会等であると便利。
スポンサーサイト

チャイルドシート リコールにつき

シュールな動物園 ~iZoo~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)