昨今はタブレット戦国時代。スマホも含めコンパーチブルPCや、着脱式等大きさも用途も多種多様なタブレットが発売され使用者数も急増している。個人のスマホは6.4インチの「Xperia Z Ultra SOL24 au」、仕事では「iPhone5s」「iPad Air」を使用している。ちなみに嫁は「Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」を、親父は「Xperia Tablet Z SO-03E」を何れもiijmio simで運用している。最近は出先での利用はモバイルノートよりタブレットを汎用している。キーボード入力が必要としない場合はやはりタブレットのほうが起動もレスポンスも良いので使いやすい。

Xperia Z2 Tablet SO-05F docomo
前モデルの“Xperia Tablet Z SO-03E”は現在、親父にレンタル中で孫のフォトアルバム、観光情報の検索、地図検索と思いのほか活躍している模様。今回、後継モデルが新しく出た。10インチタブレットでは「世界最軽量・最薄」を謳い、プロセッサーは「Qualcomm Snapdragon S4 Pro APQ8064(1.5GHz)」から「Qualcomm Snapdragon 801 Quad-core(2.3GHz)」に、メモリーは2GBから3GBに向上。OSは最新のAndroid 4.4だがバッテリーは前モデルと同様の6000mAhだがカタログ上の駆動時間は延長している。ボタンの位置も若干変更。WiFiモデルも先行して販売されており、レビューは上々のようだ。白ロムで5万5千円位になったら要検討かな。
こんななかで、気になるタブレットが2機種発売となったのでブログってみた。

ASUS MeMO Pad 8 ME181
薄型・軽量でスリムベゼルの8型Androidタブレット。価格も2万5千円程でリーズナブル感もある。simフリー版が出れば買いだな。
スポンサーサイト

レッドエナジーカレー ~限定屋~

日本の漫画はスゴイ!其の弐 ~あずみ~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)