greenagent>で面白いギアを発見し早速発注~!太陽電池とモバイルバッテリー、そしてランタン。防災グッズとしても良さ気!?

[2014-04-17]太陽電池関連機器

GOALZERO純正 Nomad 7/5980
モバイル型のソーラーパネル。防災やアウトドアで1つあると安心。車内で使ってみたが、快晴でなくても充電は可能だが流石に時間がかかる感はある。実際にソーラー充電“Nomad7 V2”を使ってモバイルバッテリー“cheero Power Plus 2”を充電できるか試してみた。曇空、日陰でも一応充電できているようだ。後は1度バッテリー空の状態でどのくらいで充電できるか検証してみよう。接続端子はシガーソケットとGuide10 6.5Vは使わなそう。むしろUSB2個にしてもらったほうが使用勝手が良いと思う。

<Nomad7 V2 の主な仕様>
品番: GZ-11800
ソーラー出力: 7W 単結晶型ソーラーパネル
定格出力: USB 5V 1A、シガーソケット 15V 0.3A、Guide10 6.5V 1.1A
使用時: 23cm × 43.5cm × 2.5cm (実測値)
収納時: 23cm × 16.5cm × 3.3cm
本体重量: 440g(実測値)
推奨使用温度域: 0℃~40℃
防水機能: 生活防水
付属品: 12V シガーソケット出力用ケーブル、日本語版取扱説明書
※各機器へのケーブルなどは付属していない。
別売りのGUIDE10PLUS Battery Packと組み合わせると、単3充電池4本を2~4時間で充電可能のようだ

cheero Power Plus 2 10400mAh/3280
大容量モバイルバッテリー。防災や車旅行で活躍しそうだ。フル充電に10時間かかるがコストパフォーマンスは高い。大容量だからこそ、充電ランプが3段階ではなく5段階だと尚良い。

Goal Zero Lighthouse 250/9626
モバイルバッテリー搭載のLEDランタン。防災グッズとしても、車内利用でも使えそう。デザインもGOOD!

【特徴】
・最大250ルーメンの高輝度LEDを採用し、片側点灯、両側点灯と2パターン選択可能
・調光機能付きで、最大48時間連続点灯
・4400mAhの大容量バッテリー搭載
・約550gと軽量設計
・USBケーブルを通じて、電源から蓄電することはもちろん、ポータブルソーラーパネルNomadシリーズと接続し、太陽光発電で蓄電可能。1分間の手回し発電(120回転/分)で10分点灯可能。
・緊急時の非常灯付き
・折りたたみ式の足でデスクランプとして利用も可能。

【製品仕様】
商品名    :モバイルバッテリー付きLEDランタン「Lighthouse 250」
サイズ    :幅12.7×高さ16×奥行11.4cm
本体重量   :558g
搭載バッテリー:3.7V 4400mAh(16.3Wh)
定格出力   :USB 5V 1.5A(7.5W)
定格入力   :USB 5V 1A(5W)
手回し発電出力:2.2W(120回転/分)
連続点灯時間 :最大48時間(片側点灯、ローモード時)
保証期間   :購入日より1年間
参考小売価格 :10,080円(税込)
<参考サイト>
・旅中はスマホをNomad7 V2でソーラー充電!

・藤山哲人のモバイルバッテリー診断 cheero「Power Plus 2」
スポンサーサイト

味噌ラーメン@ラーメン楓

ウェアラブル端末“SmartWatch 2 SW2”開封の儀 ~ソニリストへの道~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)