Bandicam”はゲームプレイ中の画面や動画再生中のプレイヤーの画面を取り込み、動画ファイルとして保存できる高機能ビデオキャプチャソフト。「指定した枠内モード」でデフォルト設定でも“Rec”ボタンを押すだけで簡単に動画ファイルを作成することができる。ちなみにPC上の音声をゼロにしても音声を含む動画ファイルが作成され、再生時に音量も調整することができる。デフォルトでの動画の拡張子は“avi”形式。無料版では10分の時間制限やロゴ表示等があるが個人利用では必要十分。ゲームやフォトムービーの作り方等をキャプチャーする場合は製品版の方が使い勝手が良いかも。でもちょっとお高め。[vector]レビュー等を参考に製品版の導入を検討するかな

その後、製品版を購入。操作も簡便で、色々と応用ができそうだ。
ちなみに無料版と製品版(\3980)との違いは下記の通り。

・キャプチャー時にロゴが非表示
・キャプチャー可能な時間の制限なし(無料版は10分)
・自動終了後の新規キャプチャー開始制限なし
・お知らせ領域の非表示・表示選択

メイン使用はノートだが偶に母艦デスクトップでも使用できるのかどうか?をメーカーHPのFAQで確認したところ、一定期間の間に一定回数の再認証回数制限が設けれており、それを超えるとロックされ、メーカーにロック解除手続きをせねばならないようだ。
スポンサーサイト

愛娘♪ ~へその緒とれた~

タブレットでできる12のこと ~家族でタブレットが定着~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)