Windows8の良さを実感するにはコンパーチブルPCが理想的。
コンパーチブルPCはコンパクトではあるがタブレットと違い重量がソコソコあるため片手使いは難しい。
ノートパソコン形状をメイン使いとして、たまにタブレット形状使用となるかな。
13インチのYogaが出たときに非常に購買意欲を掻き立てられたが、エンターキーの右に1列キーがある配置がいかんせん合わず見合わせ。今回、Yoga11インチの発売にあたり、パナソニックのシリーズと迷うが値段とキーボードの配置でYogaを選択。上位機種と下位機種の価格差が約1万3千円だったので上位機種の11.6型“IdeaPad Yoga 11S”を購入することにした!

スペックはざっとこんな感じ。Office Home and Business 2013もバンドルされているがDVDは付属せず、ライセンスキーが記された封筒が同封されている。ストレージ容量が少ないが、64GBのSDカードでカバー予定。

色:クレメンタインオレンジ
CPU:Core i7 3689Y
メモリー:8GB DDR3
ストレージ:128GB SSD
本体サイズ:298(幅)×17.2(高さ)×204(奥行)mm
重量:約1.35kg
バッテリー駆動時間:約7.0時間

まずは開封シールをはがし開封の儀を執り行う。
箱の中にはさらに箱があり本体と付属品のチェック!
「トラットパッドの色むら」「ACアダプタのコンセント部分が微妙な曲がり」が少し気になったが動作には問題なかったので良しとする。液晶と外観等は特に問題なし。その後、トラットパッドは思いのほか手垢が目立つので逆に元の色むらが目立たない…皮肉なり。SDカードを挿しても飛び出さない。液晶はグレアで綺麗だが外で使うと結構背景が映り込む。

yoga11s[2013-07-17]-A

yoga11s[2013-07-17]-B

初期設定を済ませ、設定を少しいじってみる。

Win7とWin8の違いに戸惑う

・大きな違うインターフェイス。
従来のデスクトップ画面へは“デスクトップ”を押さねばならない。
デスクトップ画面にはスタートメニューがなく、シャットダウンするには右上端メニューから「設定→電源→シャットダウン」を選択する。

・“Internet Explorer”のスクロール方向が使いづらいので、「設定→コントロールパネル→マウス→デバイス設定」のマルチフィンガー2本指にある「スクロール方向を反転します」のチェクを外してみた。
購入前には「西川和久の不定期コラム」を参考とさせてもらった。

yoga11s[2013-07-17]-C

yoga11s[2013-07-17]-D

yoga11s[2013-07-17]-F

yoga11s[2013-07-17]-G
スポンサーサイト

“IdeaPad Yoga 11S”アプリ導入の儀

人間ドックの結果 ~中年注意報~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)