“DSC-T10”→“DSC-TX5”→“DSC-TX10”ときてTXシリーズTX30への買替。Tシリーズは6台目となる。コンパクトな機体でありながら光学20倍ズームを有する“DSC-WX300”と迷ったのだが、想定使用条件で水中使用はないものの、テニスや登山等風雨や粉塵下での使用が多いために今回もスタイリッシュな防水コンデジTXシリーズ“DSC-TX30”(オレンジ)を購入。幅と高さは若干大きくなり、若干薄くなっている。スマホやタブレットで汎用性の高くなってきたmicroSDカード使用であること、microUSB充電であるのも購入理由の1つ。バッテリーは同型で流用できるのも良い。“DSC-TX10”はポケット等に入れておくと知らぬ前に電源ONになっていることが多かったが当機種は改善されていることを望む。タッチパネルの反応も当機種のほうが良い気がする。使用感は少し使ってからレビュー予定。

■“DSC-TX10”→“DSC-TX30”変更点
防水:水深5m→10m
サイズ:幅95.6×高さ56.1×奥行き17.9mm→幅96.4×高さ59.3×奥行き15.4mm
重量:133g→140g
記録メディア:SDカード(メモリースティックDuo)→microSDカード(メモリースティックマイクロ)
光学ズーム:4倍→5倍
液晶モニター:3.0型→3.3型
内蔵メモリ:19MB→48MB
有効画素数:1620万画素→1820万画素
ISO感度:3200→12800
入出力端子:Hi-Speed USB→microUSB
バッテリーシステム:NP→NP
その他:拡大鏡→拡大鏡プラス

サイバーショットT(X)シリーズ4台

DSC-TX10&30比較A

DSC-TX10&30比較B

・SONY/サイバーショット DSC-TX30/33900-10P
防水10m、耐衝撃1.5m、耐低温の性能もある、96.4(幅)× 59.3(高さ)×15.4mm(奥行)で重量約140g。デジタルズームと全画素超解像技術を活用する新しいマクロモード「拡大鏡プラス」を搭載
※液晶保護シートPCK-L33WCS/840も購入

・SONY/サイバーショット DSC-TX10/16998
幅95.6×高さ56.1×奥行き17.9mm、光学4倍
スポンサーサイト

オレオレ詐欺…世知辛い世の中だな

キャリーバッグとコンデジを考える!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)