GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01Eの導入編。

ドコモキャリアで通話なしのデータ通信専用モデル。店頭での本体価格は84,840円、月々サポート割引額は2,520円(2年総額60,480円)で現在手持ちの“galaxy tab 7.0 plus sc-02d”から機種変するとかなりの出費となる。白ロムでは半額以下で販売。iPadミニの発売の煽りで少し安くなってるようだ。基本、Wifi使用なので白ロムに一抹の不安はあるものの池袋イケデンにて購入~!充電ケーブルなども前モデルのものを流用できるのも良い。

ちなみにウリはこんな感じ。
・サムスン/GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E/35980+480
①7.7型有機ELディスプレイ
②ROMは32GB、RAMは1GB
③薄さ約7.9mm、約344g、Light Silver色
④5,100mAhバッテリー
⑤ワンセグ機能搭載
⑥外部microSDスロットも搭載→Nexus/iPadminiにはない、これは大きなベネフィット

そして開封の儀。説明書や保護カバーは付いたままだが指紋が幾つか付いており、他のGoogleアカウントも登録してあった。。白ロムは一度、第3者にて契約後、SIM解除になっているのかな。何だか気持ち悪いのでとりあえず初期化。白ロムはいわゆる新古品扱いになるのかな。Googleにバックアップしてあったgalaxy tab 7.0 plus sc-02dのデータを復元…でラクチンかと思いきやウィジット追加がエラーで出来ない!改善策が解らず、galaxy tab 7.0 plus sc-02dのバックアップファイルを使用せずに再度初期化。結局、必要なアプリを1つずつダウンロードしたところウィジットも無事作動。

こちらが内容物諸々。クレードルはケースを付けたままでは使用できないので使わないかな。クラス4の16GmicroSDカードも同包されている。
GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E

・sc-01Eとsc-02dの外観比較。sc-02dはエレコムのカバーの色が付着してしまっている。7.7と7.0インチは0.7インチの差しかないが、されど結構大きさに違いを感じる。ちなみに両モデルとも輝度最大で撮影。
新旧タブレット表面

新旧タブレット側面

新旧タブレット裏面
スポンサーサイト

GALAXY Tab 7.7 Plus SC-01E その2 ~アプリ編~

QUMIQ5 ~周辺機器~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)