BootCamp上ではキーボード配列が通常のWindowsとは異なり、ショートカットキーも変わってくる。
キーボードとトラッドパッドの設定をちょっといじってみた。

・右クリックの設定
Windowsではトラッドパッドの右クリックが使えないと結構不便なのでまずは右クリックを有効にしてみた。
Boot Camp コントロールパネルのトラッドパッドの“副ボタンのクリック”にチェックをいれ「右下端」を
選択し設定完了。ちなみに外付けマウスでは最初から普通に使える。

・変換キーの設定
次は「英数」キー、「かな」キーで英数文字とかな文字の入力切替をできるようにしてみた。
コントロールパネル→地域と言語→キーボードと言語→キーボードの変更ボタンをクリック→Microsoft IMEのプロパティ→「全般」タブ→「編集操作」のキー設定→変更ボタンをクリック→設定はユーザ定義を選択。

入力/変換済み文字なしの項を「無変換」を「かな切替」→「IME-オフ」に、「ひらがな」を「ひらがなキー」→「IME-オン」に変更

・ショートっカットキーの対応確認

�Windowsでスクリーンキャプチャをとる
「fn + 左shift + F11」

�Alt + PrintScreenを実行する
「fn + 左shift + option + F11」

と設定完了した後、ネットサーフィンしてたらなんとキーボードをWindows調に一発で変換できるフリーソフト“AppleKbWin”なるものを発見!AppleKbWinはフリーウェアのアップル製キーボード対応用Windowsの常駐アプリ。Windowsスタートアップと同時に起動・常駐させて使用。常駐アプリのために、不要なドライバやレジストリの変更ないようだ。こりゃ便利なソフトだわ。

<AppleKbWinでできること>
•command、option、control、capslockを好みのキーに入れ替えが可能
•かな、英数、Caps Lockと「command+space」に日本語入力モードを割り当て
•F13、「control+shift+3 or 4」をPrint Screenにする→AirにはF13ボタンはないけど
スポンサーサイト

いぶりがっこ旨し! in 『それがし』

Macbook Air ~HDMIで映像出力~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)