初キャンプ場は自宅から比較的近い関東近郊にしよう。
ちなみにお盆の時期はどのキャンプ場も基本すでに満室、スゴイ…

↓埼玉方面ではココ
まずは地元から。
・ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場/埼玉県秩父市

↓関越方面ではココ
クチコミ、HPサイトの見やすさ等で一番気になっているキャンプ場。関越方面なので帰りの渋滞が心配。
・北軽井沢スウィートグラス/群馬県吾妻郡長野原町

↓東北道方面ではココ
交通事情(渋滞)を鑑みるとやはり栃木那須方面が良い。
・キャンプアンドキャビンズ那須高原/栃木県那須郡那須町
・出会いの森総合公園オートキャンプ場/栃木県鹿沼市
・メープル那須高原キャンプグランド/栃木県那須郡那須町

↓千葉方面ではココ
成田ゆめ牧場で遊べる。
・成田ゆめ牧場ファミリーオートキャンプ場/千葉県成田市
<成田ゆめ牧場をキャンプ初心者にオススメする10の理由>

↓茨木方面ではココ
海沿いのキャンプ場。近くに別施設のテニスコートもある。
・大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ/茨城県久慈郡大子町

↓伊豆方面ではココ
毎年夏に伊豆旅行に行くので。夏場の伊豆の夜の熱帯夜が心配。
・モビリティーパーク/静岡県伊豆の国市
スポンサーサイト

<キャンプ用マットを検討してみる>
店頭での1stインプレッションが良かったのはニーモマット。ニーモのゾアは軽量さが、オーラは耐久性がウリ。キャンプで使うならオーラのほうが良さ気。と、自宅でニーモマットを調べていると、モンベルのマット+ピロー組合せの記事を発見。
マット同士の連結も可能なのでファミリーキャンプにも対応できる。嫁と娘様にコールマン キャンパーインフレーターマットWを予定していたがこれの150cmタイプの連結でも対応できそうだ。

・mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド50 150 #1124666 (SPGN スプリンググリーン)/14040
・mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステム キャンプパッド38 150 #1124664 (SUF サンフラワー)/12960
厚みが38mmと50mmモデルがある。

・mont-bell(モンベル) U.L. コンフォートシステムピロー 1124671/3240
非常にコンパクトに収納できるピロー。上記シェラフと簡易連結可。

<ダブルサイズシェラフを検討してみる>
嫁娘様にダブルサイズを検討。ロゴスの寝袋がコスパは良いが少し重い。Nangaのモデルは軽量だが高い。嫁と娘が一緒に寝るのは後数年…その後はセパレートモデルとなるんだろうな。ならロゴスかな~。

・Nanga RABAIMA BAG W 400/40500
400というのはダウン量を表している。サイズは140*233cm、重量は1350g。丸洗い可。ダウン量600モデルもある。

・ロゴス ミニバンぴったり寝袋・-2(冬用)[最低使用温度-2度/14100
収納はクッションタイプ。